2020.11.27講演と討論の夕べ|戦争と自衛隊を「我が事」として考える〜長谷部恭男『戦争と法』を読む

講演と討論の夕べ

戦争と自衛隊を「我が事」として考える
〜長谷部恭男『戦争と法』を読む

11.27(金)17:00〜(開場 16:30)

参議院議員会館 101会議室


事前申込み制

参加申し込みはこちらから


長谷部恭男さんが『戦争と法』を上梓された。全編が戦争に関する本格的な研究であり、「戦争は悪い」「戦争は仕方ない」と単純化することを諫め、その上で憲法や自衛隊が論じられている。なぜ憲法学者がそのようなアプローチをしたのか、どこに意味があるのか。お話を伺って真摯な議論を行いたい。戦争を「我が事」として捉えられれば、今後の日本にとって有意義な議論ができるかもしれない。


お話
長谷部恭男(早稲田大学大学院教授)*Zoom参加

批評
柳澤 協二(元内閣官房副長官補、自衛隊を活かす会代表)
伊勢﨑 賢治(東京外国語大学教授、自衛隊を活かす会呼びかけ人)
加藤 朗(桜美林大学教授、自衛隊を活かす会呼びかけ人)

11月27日(金)講演と討論の夕べ
「戦争と自衛隊を「我が事」として考える
〜長谷部恭男『戦争と法』を読む」は
下記よりお申し込み下さい

2020.11.27(金)講演と討論の夕べ「戦争と自衛隊を「我が事」として考える」 申込み
ご賛同  問い合わせ 
その他