2017.12.25シンポジウム 北朝鮮の核・ミサイル問題にどう臨むか

シンポジウム

北朝鮮の核・ミサイル問題に
どう臨むか

2017.12.25(月)
13:45〜

参議院議員会館101会議室

主催/自衛隊を活かす:
21世紀の憲法と防衛を考える会


国民の多くはどうすれば解決の道筋をつけられるのか見いだせないことに強い不安を感じている。
政治、外交、軍事、経済の専門家が集まり、問題を徹底的に討論し、解明したい。


報告

冨澤 暉 元陸上幕僚長

冨澤 暉
元陸上幕僚長

太田 昌克 共同通信編集委員

太田 昌克
共同通信編集委員

今村 弘子 富山大学教授

今村 弘子
富山大学教授

柳澤 協二 元内閣官房副長官補

柳澤 協二
元内閣官房副長官補

討論

伊勢﨑 賢治 東京外国語大学教授

伊勢﨑 賢治
東京外国語大学教授

加藤 朗 桜美林大学教授

加藤 朗
桜美林大学教授


冨澤 暉(元陸上幕僚長)防衛の現場から北朝鮮問題を考える

太田 昌克(共同通信編集委員)北朝鮮の核問題に解決の道はあるか

今村 弘子(富山大学教授)北朝鮮経済をどう考えるか

柳澤 協二(自衛隊を活かす会代表)政治と軍事の両面から問題を捉える

報告の後、当会の伊勢﨑 賢治、
加藤 朗を加えて討論します。



主催/自衛隊を活かす:
21 世紀の憲法と防衛を考える会

2014年6月7日発足。自衛隊を否定するのでもなく、国防軍や集団的自衛権に走るのでもなく、現行憲法の下で生まれた自衛隊の可能性を探り、活かすことを目的とし、議論の場を提供すると共に、提言活動を行う。


12.25シンポジウム・忘年会は
下記よりお申し込み下さい

ご賛同  問い合わせ  その他