2022.11.24講演と討論|国際法上の重大犯罪(中核犯罪)の国内法化─日本版「国際刑事法典」に向けて

講演と討論

国際法上の重大犯罪
(中核犯罪)の国内法化
日本版「国際刑事法典」に向けて

11.24(木)17:30〜(開場 17:00)

衆議院第一議員会館 国際会議場


事前申込み制

参加申し込みはこちらから


2020年春、「国際刑事法典の制定を国会に求める会」(代表・伊勢﨑賢治)は、「国際人道法及び国際人権法の違反行為の処罰等に関する法制度(略称:国際刑事法典)」(骨子案)を公表しました。さらに「国際人道法違反を裁けない日本の法体系を考える集い」を衆議院議員会館で開催し(4月3日)、与野党の国会議員等を交えて、「国際刑事法典(骨子案)」について議論を行いました。22年夏の参議院選挙にあたり、「自衛隊を活かす会」(代表・柳澤協二)は、同じテーマで各党にアンケートを実施しました。

この度、「国際刑事法典」を政治の現実の課題とするため、講演と討論を行いたいと思います。講演をお願いしたのは、日本の大学で初めて国際刑事法のゼミを開設し、この問題の権威として知られるフィリップ・オステン先生です。ふるってご参加下さい。


登壇
フィリップ オステン(慶応大学法学部教授)
柳澤 協二(国際地政学研究所理事長、元内閣官房副長官補)
加藤 朗(元桜美林大学教授、元防衛研究所所員)
伊勢﨑 賢治(東京外国語大学教授、元国連PKO武装解除部長)


「国際刑事法典(骨子案)」は以下からダウンロードできます。
http://kokusaikeijihou.org


11月24日(木)講演と討論
国際法上の重大犯罪(中核犯罪)の国内法化─日本版「国際刑事法典」に向けて は
下記よりお申し込み下さい

2022.11.24講演と討論|国際法上の重大犯罪(中核犯罪)の国内法化─日本版「国際刑事法典」に向けて 申込み
ご賛同  問い合わせ 
その他